ソノヒマデ

俺の日々だったり思うことだったり

剣道は世界一つまんなくてうんこなスポーツ。なんで俺、剣道なんてやってたんだろう…

kendo-armor

小学2年の時、兄に連れられて始めたのだ。兄がやってたから、なんとなくやってみただけだった。

剣道――

それから6年、俺は剣道を続けた。部活で、道場で、毎日のように竹刀を振り続けた。
なんとなく。ただなんとなくぼんやりと続けていた。
やってた時は、なぜ剣道なんかやってるんだろう?もっと他に楽しそうな部活とかいっぱいあるのに。でもま、いっか。始めちゃったし、なんとなく何年も続けちゃったし。と深く考えず続けていた。

しかし、辞めてからは、特に社会人になってからは強く後悔した。
なんでどうして剣道なんかやってたのか、と。
よりにもよってなんで剣道なんか…

剣道は最悪だ。いやほんと何が一番最悪って、あの防具だ。重いんだよ、動きにくいんだよ、面とか前見えねーし。着けるのも大変。防具のないスポーツはそれだけで羨ましく見えた。
そんでとにかく臭い。汗めっちゃかくし、防具なんか洗わずに使い続けるから汚いし。
まさしくうんこだ。

ほんとなんで剣道なんかやってたんだよ、俺…
貴重な幼少期の習い事に、なんで剣道なんかチョイスしちゃったんだ…兄がやってたからほんとなんとなくなんだけどさ。子供の頃ってのは多少興味がなくて嫌なことでも無心で続けられた。何年も頑張れた。才能はなくとも技術は向上し、確実に進歩し、自らのスキルになるまで高めることができた。それがなんで剣道だったんだよ…
めっちゃつまんないスポーツじゃん。何がメーン!だよ、馬鹿みたい。
剣道ってなんかイメージ暗いし。
クソだせぇし、全然モテるスポーツじゃないし。良いとこ一個もねーよ。

社会人になってつくづく思うよ。子供の頃の俺、やるなら楽器をやっててほしかった。バイオリンかピアノか吹奏楽か、なんかそのへんやっててほしかった。スポーツにしてもさ、バスケとかサッカーとか野球とか、大人になっても皆とわいわい楽しみながらできるやつ、あるじゃん。そういうのがよかったなー。
剣道はないわー…。
脱力するわ。剣道って…。誰がよっし今度の休日皆で剣道やりにいくかーってなるんだよ。
趣味としても最悪だわ。大人になってからやりたいと思ったことなど一度もない。毎日毎日何年もやってて今も体がその動きを覚えててスキルとしてしっかり染み付いてるのに。
もったいない、なんでそれが俺は剣道だったんだよ。
せめて同じ武道でも合気道とかさ、弓道でもよかったわ。大人になってからもまったり続けていけそうなやつ。やっててほしかったなー。

新しいことなんか、今更もう無理よ、できないよ。何歳になってもチャレンジする人はいるけどさ、俺は無理。子供の頃からやってるやつらには敵わない。実は恥ずかしい話し、大人になってから合気道をやってみたことがあったんだよ。でもそこで子供の頃からずっと続けてる人らを見て、その身に染み付いた技術を今更ものにできるようになる自信がなくて、すぐにやめちゃったんだよな。
もう無心でなんか頑張れないよ。頑張ったとしても、身に付かない。

剣道さえやっていなければ。
きっと俺は他の何がしかをやって、趣味としてまたやってみよーと思ったりして、今よりはハッピーになれただろうなと思う。
剣道はあかん…剣道だけは絶対にやってはいけない。