ソノヒマデ

俺の日々だったり思うことだったり

幸せなんてくだらねーから『理想的な幸せ』を掴めなくても落ち込まなくていいよ

素敵な相手と結婚して幸せな家庭を築く、なんて、くだらねー幻想だよ。
俺も少し前までは素敵な相手を求めて頑張ってたよ。でももういいよ。諦めたよ。
気づいたんだ、頑張っても無駄だって。何より、くだらねーって。
くだらねーよ。だってさぁ、誰も愛で恋愛なんかしてないじゃん。みんなその人と一緒にいる自分が他人からどう見られるかで相手を選んでる。
そうじゃないじゃん絶対。間違ってるじゃんそんなの。
世間体を一番に気にして相手を選んだでしょ?って聞いたらみんな否定するじゃん。でも実際は違うじゃん。幸せを測る物差しが本来のものから異常に歪んで狂ってる。

俺も、狂ってる――

今ある自分のスペック以上の幸せを願ってしまっている。だからこそ幸せになれない。
人間、なるようにしかならない。
自分の価値以上のものを求めるのは無謀である。そして俺は今の自分の価値と同等のものには関心を示せない。俺のスペックは低い。人が納得する幸せの水準を満たせない。その水準を満たせる人だけが幸せになれるのであって、俺はたまたま満たせない人だったというだけのこと。
努力では満たせなかった。生まれながらに決まってるところが多いように思う。
本当にたまたま俺は幸せになれない人だった。それだけのことだ。
くだらねーよ。