ソノヒマデ

人生あきらめてるADHD独身男のブログ

なんとなく人類の未来が見えたから語る。人間の行きつく先は…

おそらく皆、未来はどちらかと言えば明るいと思っている。科学は益々進歩し、それに伴い世界のあらゆる問題から解放され、人類はより豊かに、幸せになれると。
だからこそ子を産み、育むのだろう。

でも、違う。
明るくなんかない。
未来は、地獄だ。

昨今のベラルーシとアメリカの大統領選挙を見て。
民主主義、及び資本主義は驚くほど脆いと感じずにはいられなかった。
民意など関係ない。不正でも力(権力)を持てば押し通せる。ベラルーシにしてもアメリカにしても今はまだ何とか反抗ができるものであるが。
しかしこの先、未来において、最後に勝つのは独裁だろうなと思う。

兵器の開発競争には近い将来、終わりがくる。科学技術の進歩の限界だ。そしてもはや誰も打ち勝ちようのない兵器もって全人類を制圧しようとする者が現れる。

何度かは失敗するだろう。
だがたった一度でも成功すれば、もう誰も太刀打ちできない。
竹槍や鍬でも大人数で攻めれば権力を覆せる時代はとうの昔に終わっている。
あまりに強大な力を持ったその者に、全人類は屈する他に術がなくなる。
抵抗し、権力を覆す未来などない。
世界の終わりだ。

そして地球全土を支配したその人は。
きっととんでもなく残酷だ。
それは歴史が物語っている。間違いなく非情であると。
沢山の人が殺されるだろう。凄惨な目にあうだろう。
その地獄の世界には終わりはなく、延々と続く。

それがこの世界の、人類の未来だ。
こうなる日が必ずくる。必ずだ。荒唐無稽で狂ってると思われるかもしれないが、どう考えてもこうなる。これ以外の未来はない。

平和を願うよ。永遠の平和を。だけど…