ソノヒマデ

俺の日々だったり思うことだったり

コロナの俺的収束条件がもう少しで揃う。俺は普通に外出しまくるよ

coronavirus-release

コロナの俺的収束条件とは。
検査が簡易化され、症状の初期段階ですみやかにアビガンが処方されること。

アビガンはすごい、素晴らしい。症状の初期段階でこれが使えればほぼ確実にコロナを撃退できる。まず大丈夫だろう。今俺は喉から手が出るほどアビガンが欲しい。無職で貧乏な俺だが10万でも即買いだ。欲しい、アビガン。これさえあればどこにでも行ける。

しかし現状、アビガンは簡単には処方されない。
PCR検査を受けてコロナの診断をいただかなければ処方は難しい。この検査が鬼門なのだ。
高熱と咳くらいではPCR検査は受けられない。自力での呼吸が難しいくらいに症状が悪化しなければ検査はしてくれない。
軽症、つまり症状の初期段階ではアビガンは処方されないのだ。
これでは困る、全然ダメだ。

検査の簡易化が求められる。軽症でも疑わしいとされる者はすぐに検査が受けられる体制が整えば、いける。

ドライブスルー方式が採用されるという報道があった。
もっと簡単に検査が行えるキットが生産されるとも。

どちらでもいい、何でもいい、とにかく症状の初期段階で検査を受けさせてもらえれば。

ぶっちゃけコロナを完全に無くすことは、まぁ数年は無理だろうな。収束はいつかはするだろうがかなりの時間が掛かることを俺は確実視している。そんなには待てない。己の自由の為に生じる犠牲を理解し、受け入れ、覚悟して、俺は外に出る。
俺の為に死ぬ者が出ようとも、俺は何所にでも行く。
でなきゃ無理だ。経済が滅ぶ。人の命は何よりも大事だが、経済が滅ぶくらいなら死んだ方がマシだ。

条件が揃うまで、たぶん後数ヵ月。
もう少しだ。

今、コロナに掛かることは極力避けた方がいい。重症化しなければ治療を受けられないのではリスクが大きすぎる。若くとも油断するべきではない。SNSでは後遺症の懸念もあった。この病気を侮ってはいけない。俺は人との接触を限りなく最小限に留め、家に引き籠る。
もう少しだ。