ソノヒマデ

人生あきらめてるADHD独身男のブログ

また振られた。男37歳。もう限界だわな…

連敗に連敗を重ねて、人生でもう何度目だろう。また女に振られた。
相手の女は24歳だった。先日入信してもうやめてしまった新興宗教で知り合った。コロナ過のこのご時世、マスクなしで集会をするような宗教にはいられない、と言ったら、「よかったら食事に行って少しお話ししませんか?」と彼女の方から誘ってきた。
彼女はスリムな体型で童顔で、幼少期から長年宗教をやってるだけあって真面目な感じ。可愛らしい清楚なお嬢さんだった。

タイプだ。結婚したい——宗教の集会で彼女を見た時、俺は一目で気に入った。

そんな彼女からのお誘いだ。俺は喜んで食事に行った。それが一週間ほど前のこと。
また食事に行こうと俺は誘った。
彼女の返事はOKだった。

俺は久々に胸のトキメキを感じていた。人生でもう恋愛のチャンスなどないと思っていたから。あきらめていた彼女という存在が、さらにゆくゆくは結婚が、できるかもしれない。そんな風に大いに期待した。

でもやっぱダメだった。
彼女は大手保険会社に勤める保険のセールスレディーだった。
一週間ほど前に食事した時に保険を勧められたがその時は軽い世間話の延長くらいに捉えていた。だがそれがメインだった。彼女は俺に保険を売りたいだけだった。
今日予定していた食事の席に会社の先輩も連れて来ると言うのだ。ありえないだろ、と思った俺は「今俺は保険はまったくいらないし絶対入らない。保険の勧誘が目的なだけの食事なら今日はなしで」と伝えた。彼女は「わかりました」とだけ返事をくれた。
それで終わりだ。
脈など最初から微塵もなかったのだ。
ひでー話しだ。夢見せやがって。クソが。

久々に落ち込んだ。ちょっと死にたくなった。
もう無理だ。モテねーな、俺。
無職だしな、そりゃそうか。夢を見る方がどうかしてる。
それでも、ほんのちょっとは、可能性があるのかもって、思っちゃったんだよ。
馬鹿だなぁ…

37歳。ただでさえモテないのに、歳まで食っちまって。
あきらめよう。限界だ。もう恋愛はできない。結婚も無理。

そんな人いくらでもいる。俺だけじゃない。
しかたのないことさ。