ソノヒマデ

人生あきらめてるADHD独身男のブログ

集団に加わる度にどうしても嫌いな人ができてしまう。

新しい仕事を始める度、趣味やらの何かしらで新しいグループに加入する度。
今度はもう嫌いな人をつくらない、みんなのことを好きになる、どんな人でも受け入れる、そう心に決めていくのに、どうしても嫌いな人ができてしまう。
嫌な奴はどこにでもいるもの。もう36歳のいい歳だ、そろそろ丸くなって他人を受け入れる心の広さを持つべきだ。

でも嫌いだ。
大っ嫌いだ。

特に目立ちたがり屋が嫌いだ。うるせーし、うざい。自慢すんな馬鹿。自分で自分のこと凄いって言うな殺すぞ、って思う。

お喋りな奴が嫌いだ。自分のことポンポン言葉が出てくる話しの面白い奴だと思ってやがる。こういうのは総じてデリカシーがない。思ったことなんでも口にすりゃいいってもんじゃねーぞ。てめぇに俺に言った同じこと言い返してやろうか馬鹿野郎。

集団に入ると、すぐ嫌いな人が出来てしまう。
福岡に来て一年。ネットでメンバーを募集していたお遊び系のサークルに加入して遊んだりバーベキューに行ったりしてみたが、やはり嫌いな人が出来て、まったく楽しくなくてもう遊ぶことはないな、ってなって。
今はもう、孤独が一番だ。人と関わるのは疲れる。
でも寂しいなぁ、やっぱ人と話したい。
世の中みんないい奴だったらいいのに。クソ野郎がいるから悪いんだよ。マジで気持ち悪ぃ自己中の声でけぇ馬鹿が。

俺はいい奴なのに、なんであいつはクソなんだ。

クソ野郎。
腸が煮えくり返るほど嫌いだわ。