俺は自分が思っていたよりもさらに低スペックだった

退職から間もなくの送別会の席で、上司に言われた。
「(部下の中で)おまえが一番馬鹿だった」

思えば高校生の時にもコンビニのバイトで店長にこれと同じことを言われたことがあった。
「おまえほどできないやつはいなかった」と――

それを言われた高校生の時は、どこかでそうだろうなと納得しつつも、そんなことはない、いやそうかもしれないがそれは何かの間違いで俺だって本気を出せばできるやつに成れるはずと思っていた。
頑張ればできないことはないって、本気で信じていたんだ。

だけど改めて、35歳のこの歳になってそう言われて、俺はやってもできないやつだったんだと実感する。
11年も勤めた会社であったが、まったく勤まってなどいなかったのだ。
もう俺には自信がない。