ソノヒマデ

俺の日々だったり思うことだったり

N国の活動を応援はしているが立花孝志は支持者全員がYESマンではないことを肝に銘じておいた方がいい。俺はマツコデラックスのことは嫌いにならない

先日ブログでスクランブル放送反対!とかほざいておいてなんだが。
最近よくYouTubeでN国代表の立花孝志の動画をよく見ている。
この人、単純にすごい人だなーと思う。思うけども。
最近ちょっと、マツコデラックスや選挙妨害をしたとする人への対応が少しいき過ぎてるかなと思うところがあり、大丈夫かな?と疑問というか不安に感じてしまう部分がある。

人格そのものを疑うものではない。誠実な人だし、間違いなく正義であると思う。しかし最近は勢いがつきすぎて己が見えなくなっているのではないか?と少なからず感じているのは俺だけではないだろう。動画を見てて思うのは、YESマンに囲まれてるな、とするところだ。そりゃ政党の代表ともなれば周りはYESマンばかりになるのは当然なことで責められるものではないだろう。無論立花氏自身もこれには気づいているはずだ。しかし政党で直接活動してる人達と同じように支持者全員がYESマンではないことに気づいてるのかどうかは疑問だ。
少なくとも俺はN国を応援しているが、決してYESマンではない。
立花代表がマツコデラックスが嫌いなのでマツコデラックスがCM出演している企業の商品は買いませんと言っても俺は別にマツコデラックスのことは嫌いにならないし、商品も買う。

俺は間違いなく味方ではあるがその意思を全て飲み込むものではない。
そしてそう思っているのは俺だけではない。
一票の行き先は簡単なことで変わる――

――と、少し反発するようなことを言ったが、しかし立花孝志という人の生き様は俺には眩しく見える。
彼には信念がある。
コレというひとつの大きな目標があって、わき目も振らず突き進む。NHKというあまりに巨大な組織に対して、ぶっ壊すだなんて、無謀としか思えないことに挑むその姿は、チープな表現だが、まるでドラゴンに戦いを挑む勇者のようで、これ以上ない人生の冒険に思える。

エベレストを登る以上に。アマゾンのジャングルの奥地を進む以上に。
人生にはこんな冒険があるのかと。
これほどスリリングで、人の為になることが。
羨ましい、最高だ。俺もこんなふうに生きたかったと、彼を見てると思わせてくれる。

何より彼にはこの大きな目標に挑むに相応しい能力がある。
眩しく見ながら、応援してるよ。頑張ってください。