人間が怖い。虐待とかレイプとか、なんでそんな酷いこと出来るんだ…

つくづく思う。
人間が本当に恐ろしい。

国際政治学者の三浦瑠璃が14歳の時に集団性的暴行被害にあったのを聞いて。
どれだけ恐ろしかったことか。どれだけ絶望したことか。
そのあまりに悲惨な体験を想像すると、体が震える。涙が出そうになる。
なんでそんな酷いことできるんだよ。
人を物とでも思っているのだろうか。
自分がされたら、とか考えないのだろうか。
虐待もそう、力の弱い抵抗のできない子供を大人がいじめるなんて、どうかしてる。

そんなことをするやつがいるくらいだったら。
一人でも、そうした凄惨な目にあう人がいるくらいなら。
人間なんて滅びてしまえばいい。

どんな生物よりも恐ろしい。
なんでこんな生物が存在するんだ。

悪魔だ。最悪だ。人間なんて。

もしも生まれ変わりがあるとしたら、俺は絶対に人間にだけは生まれ変わりたくない。
俺の、今の、この人生は大丈夫だったとしても。
生まれ変わりを繰り返す中で、いつかそうした酷い目にあう人に成るかもしれない。
自分が強姦とか虐待とか。
拷問とか殺人とか。
そんな目にあうなんて。そんなのが人事じゃないなんて。
そう思うと、恐ろしくて、震える。

人間なんて全員いなくなればいい。