歯医者でインプラントはフッ素入り歯磨き粉は使えないと言われたが調べたらフッ素入りを使っても何ら影響はなかった。普通の歯医者ならまだ仕方ないがインプラント専門医で言われた

半年ほど前、右上の奥歯が歯根嚢胞(歯根に膿が溜まる病気)でダメになり、インプラントを入れることにした。(歯根嚢胞での抜歯に関してはセカンドオピニオンで他の歯医者にも抜くしかないと言われたので納得した上でのこと)
元々通っていた歯医者でその歯を抜いて、インプラントを入れようかとしたところ、それ一本で50万かかると言われた。金額のでかさに思わずギョッとしたが、奥歯がないのは困るし高いがまぁ何とか払えない額でもないので、仕方ないかと思った。しかしよくよくと他の歯医者を調べたところ、通える距離の所にインプラント専門医を見つけ、そこで相談したところ22万で大丈夫と言われた。
50万が22万とは。インプラント専門医の歯医者に俺は即決でお願いしますと頭を下げた。50万と言った医者はぼり過ぎだった。22万は、安くもなく高くもなく、至極適正に思えた。安すぎたらそれはそれで怖い。

そんなわけで俺はこのインプラント専門医にて22万を支払い、インプラントを入れることにしたわけだが、まぁ、この歯医者、決して悪い歯医者ではなく、むしろ腕は良かったように思う。しかし、どうしても納得できないことがあった。怒りを覚えるほどに。

そのインプラント専門医で俺は言われたのだ、「インプラントにはフッ素入り歯磨き粉は使えないので、歯磨き粉はフッ素の入ってないものを使用してください」と。
全幅の信頼を置いているその道のプロにそう言われたら俺はああそうなんだと当然それを鵜呑みにする。家に帰った俺は言われるがまま、即座にその日まで使っていたフッ素入りの歯磨き粉をゴミ箱に捨てた。
――のだが。
50万が惜しくて少しでも安いインプラントを探し求めた貧乏性な俺。ゴミ箱に捨てたまだ大量に中身の残る歯磨き粉をもったいなく思い、その道のプロを疑ってみることにした。

すると、日本口腔衛生学会の意見・回答の欄に『フッ化物配合歯磨剤の利用はチタン製歯科材料使用者にも推奨すべきである(文献レビュー)』とあるのを発見。
チタンとはつまりインプラントのこと。
一部抜粋するが、これには、「日本で一般に利用されている中性・弱酸性のフッ化物イオン濃度1,000ppm以下のフッ化物配合歯磨剤のインプラント周囲炎のリスクを誇大に危険視することは誤りであろう」とあった。もちろんこれを裏付ける科学的な詳しい論証も書かれていた。

他にもネット調べではあるが、歯磨剤に含まれる低濃度(通常1500ppm 以下)のフッ化物ではインプラントに対して何ら影響ないとする歯医者さんもいた。

正直…俺は頭を抱えた。フッ素入り歯磨き粉の使用の可否について。これは些細なことのようでかなり重大なことだ。歯磨き粉は毎日欠かさず使う物である。その選択肢が狭まるかどうかの一大事だ。

確かに昔はインプラントにフッ素は大敵とされていた。フッ素が口の中のインプラントを腐食させる可能性があるというのだ。しかしこれはしっかりとした人体の検証に基づくものではなかった。今はもうしっかりとした検証がなされた結果、影響はないという結論が出ている。

知識として取り入れるのに困難なほど超最新の情報というわけでもない、2015年には学会にて既に言われていたことである。これくらいのことはネットを少し見れば簡単に出てくる。問題ないという科学的根拠に基づく論文があるのなら、インプラントを手がける歯医者さんにはこの程度のことは知っていてほしかった。
増して専門医なら、と責める気持ちを抑えずにはいられない。被害者多いだろうな…。

歯医者に限らず、こうした医者の明らかな知識不足は他にも割りと多く見られるものだ。――歯医者は明確には医者ではないが。
医者の言うことだからと、全てを鵜呑みにするのは危険である。俺は危うくまだ大量に中身の残る歯磨き粉を捨てて大損をぶっこくところだった。(もちろんゴミ箱に捨てた歯磨き粉は回収した)

無論、医者だからといって全てを知っておいてくれというわけではない。
最低限の情報は知り得るコミュニティーの形成を望みたいところだ。