なくしちゃいけない物

すまない、ごめんなさい、申し訳ない
俺は本当にどうしようもないやつだ

俺には親友がいた
そいつは俺と違って良いやつで、かっこよくて、スポーツが得意で、皆にモテモテだった
そんなすげーやつが俺のことを一番の友達と慕ってくれていたのに、俺ってやつは本当に馬鹿野郎で。
そいつがくれた手作りの銀アクセサリーを、受け取った時は一生の宝にすると言ったのに、なくしてしまった
探したんだ、本当に。だけどどうしても見付からなかった…
なんでなくしちまったんだ…
ごめんなぁ…
そのことはあいつも知っていて、なくしたことを話した時のあいつのガッカリした顔は今も忘れられない
俺はいつしかそいつに愛想を尽かされ 、もう何年も会っていない

あれはなくしちゃいけない物だった。絶対に。
命よりも大事な物だ
どこにいったんだ
見つけて謝りたい
ごめんなぁ…