俺は自殺する

俺は人生を自殺で終わらせると決めている。

といっても、別に自殺願望があるわけじゃない。そりゃ出来れば自殺なんて嫌だ、俺だって寿命をまっとうして自然に死にたい。しかしそんなのは俺にはこの上なく贅沢なことだ。少なくとも今のままの俺ではとてもじゃないが老衰でなど逝けない。
俺は独身だ。嫁も子供もいない。だから年寄りになった俺の面倒を見てくれる人がいない。
金もない。正社員で働いていて貧乏性なのでそこそこの貯蓄はあるが老後の余生を過ごせるほどの潤沢な資金はない。
頼れる者もなく、金もなくとも、それでもなんとか生きていくことはできるかもしれないが、ゴミ以下の惨めな扱いを受けて生きるくらいならそうなる前に自殺した方がマシだ。
ではいつ逝くのか? 今すぐではない。頭と足腰がだいぶ衰えて自分が爺になったと思える頃。

65歳くらいが死に時かなと思っている。

現在俺は34歳なので、まだだいぶ先のことだ。
その間に状況の変化があればわからないが、もう俺もいい歳だ。色々あきらめなきゃいけないし、あきらめもついている。
十中八九、俺の人生は自殺で終了だ。
まだ若い、本当にあきらめるにはまだ早いと人は言うだろう。俺も少しはそう思う。しかし、まぁ、無理……だろうなぁ……


自殺の方法も既に考えている。それについては後日記載したいと思う。